新たな政権が発足。公約?の一つ、携帯料金の値下げは果たして出来る?

  • 2020.09.19 Saturday
  • 11:01

JUGEMテーマ:社会の出来事

JUGEMテーマ:日記・一般

 

http://seizando.net

 

7年半に及んだ安倍政権が幕を下ろし、新たに菅政権が発足しました。

アベノミクスの継承を掲げているようですが菅総理が官房長官時代から言っていた「携帯電話の料金の値下げ」は果たしてできるのでしょうか?

 

所轄の総務大臣も総理の指示を受けてやる気を報道陣に見せていましたが事業者がそう簡単に応じるとは思えずにいます。

 

事業者の言い分では既に価格の引き下げは幾度も実施している。評論家も同様な事を言ってました。

 

ユーザーからすると私的ですが料金形態が多様でどれが得なのか? 容量が利用限度を超えると遅くなるの等、子ども達が良く話していて、それを解決しようとすれば当然、料金に反映されて学割やら安いプランで契約しても更に上のプランに変更して高くなっていくのですから・・。

 

契約者は親の私であり自分と家族の分も含めれは結構な月額を払っていて年間ともなれば大きな額。同じ悩みを持つパパ、ママユーザーも多いと思うので「1割程度でなく・・。」と総務大臣は意気盛んでしたがホントに4割も下げてもらえるのか?

 

実現すれば此方は大助かりで是非にやってくださいと思いますが期待してよいのか・・・名指しされた通信事業3社は名だたる大手企業で利益を下げろと言われて簡単に応じるとは思えず「新政権の人気取りの為に生贄にされてたまるか」と思っているでしょう。

 

よくよく事業者と折衝して私たちの負担軽減に繋がってほしいと思います。