同物複数のゴム印の数焼き。

  • 2015.10.09 Friday
  • 09:29
JUGEMテーマ:ゴム印
JUGEMテーマ:職人技

ゴム印のオーダーの中には同じ物を10個とか複数で頂くこともあります。
小さい物なら一篇に10個を版に入れて焼くと言う事もできますが、大抵は版下は1個か2個を入れて10個なら5回焼くようにしています。これを部分焼きと言います。



必要な版の部分の上にゴム板を置いて流し込むのですが、版ギリギリし過ぎるとうまく流れなかったりなので適量にゴム板を切って乗せています。面積が小さいとプレスの圧で焼き上がりがペラペラになるので短冊と言ってゴム板を2重にしたり写真のように短冊上に切ったゴムを端や真ん中に乗せたりして押すのに適度な厚みに仕上がるように工夫します。

  

今回は枠付きの回覧印の複数注文でしたので数回繰り返して流し込みました。
万遍なくゴムが流れて綺麗に仕上がりました。 ゴム1個焼くのも10個焼くのも均等に押しやすい印面となるように常に工夫して作業しています。

http://seizando.net

 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM