巣立ちの春。倅の学童クラブの卒所。

  • 2016.03.12 Saturday
  • 16:31
JUGEMテーマ:入園・卒園・入学・卒業
JUGEMテーマ:学童

春3月、この季節は巣立ちの季節ですね。我が家でも先週末から週明けにかけて2男が学童保育の卒所式、長女が高校の卒業式を迎えました。

倅の学童保育の卒所式は3年間通い、放課後を過ごしたクラブ室で手作り感あるアットホームな雰囲気で行われました。
学童保育は1年生から3年生までが放課後をともに過ごし「昼間の兄弟」とも言われています。3年間をともに過ごし、夏のキャンプにスポーツ大会等と親子で参加する行事もあり、親も父母会として企画に加わり子供たちと一緒に楽しめます(*^_^*)

話は式に戻り、指導員の先生の心が込められたメッセージが卒所証書を頂き、親も後ろに並び見守ります。その後子供が3年間の思い出や将来の夢を綴った作文を読み上げて、その後親から子へのメッセージを読み上げます。これが笑いあり涙ありなのですが親の方が感極まり涙ながらの朗読となり・・私も学童でともに楽しんだ3年間の思いが浮かび涙声になってしまい、朗読後の記念撮影を席に戻りかけ図らずも笑いを取ることに(~_~)  式の最後には前年度父母会長なので卒所生の保護者を代表の謝辞を述べたのですが途中からオマケをつけて滑ったり・・・最後の子供たちの歌声に涙腺決壊でまたしても涙。卒所生の退場でも将来の夢を語って花とメダルを受け取り胸張って笑顔で花道を歩く倅にまたもやこみ上げたり・・。

第2部はお別れ会。子どものダンスは素晴らしく、親の出し物は母親チーム、父親チームに分かれて双方ともダンス。
我々男親はこの日のために練習を重ねたオタ芸。ペンライトを持ち踊りましたがライトの点灯を早まったりドジも踏みましたが楽しく良い思い出に(*^_^*) 
親も子も楽しかった3年間が終わってしまうのが名残惜しい、そんな卒所式となりました。

ただ学童保育を取り巻く環境は厳しいものがあり入所希望者の増加で保育をうけられない待機児童も増えて、挙句は在所上級生への退所を募る事態にも・・。保育施設の増設を公にお願いしていますが諸事情で直ぐには進まずにいておとな目線でなくクラブ児が弾き出されて心が傷つくような事は避けてもらいたいと切に願い、一人でも多くの保育を必要としている児童が温かみに触れられるように願うばかりです。

  





 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM